小顔になる方法でコンプレックスを解消!自分に合った方法を見つける

自分に合わせて施術する

看護師

短期間ですっきりとします

女性にとって顔はとても大切であり、できるだけきれいに見せたいです。そのため、小顔になるために努力をしている人も多くいます。そこで、短期間で小顔になる方法として美容外科で施術を受けるという方法があります。この場合、自分の希望に合わせて施術方法を選ぶことが大切です。いろいろな方法がある中で、手軽に小顔になる方法として脂肪吸引があります。脂肪吸引では、頬や顎などを細くすることができます。施術直後は腫れなどが発生することがありますが、メスできるよりもリスクが少ないというメリットがあります。そして、本格的に顔のラインを整えて小顔になりたいという場合には、輪郭骨削りがあります。リスクも伴いますが、持続性があり確実に理想に近づけることができます。例えば、顎を削ることによって全体的にシャープに見せることができます。それに加えて、頬を削ることによって女性らしい輪郭に近づけることも可能です。費用としては、100万円以上となるため、美容外科を選ぶときには施術実績やカウンセリングを受けてシミュレーションしてみることも重要です。小顔になる方法として、脂肪吸引をすることで短期間のうちにシャープなラインを作ることができます。美容外科で行われている部分として顎のラインをはっきりとさせることができます。脂肪吸引で使われる機材もいろいろとありますが、その中でベイザー波を使って行う方法があります。ベイザー波によって皮下脂肪を液状化して吸引しやすくします。ベイザー波を使うことによって今では吸引できなかった部分まで行えます。もちろん、美容外科ではシミュレーションを行うほか、脂肪吸引をする場所などによって機材を変える場合もあります。傷跡に関しても、カニューレを入れられるくらいとなっているため目立ちにくいです。それに加えて、痛みも比較的少ないのと、ダウンタイムも短くなっています。しかも、術後の痛みや内出血も少ないため、手軽に行えるのもメリットがあります。そして、二重顎の人はより効果が高く、小顔になる方法として有力とされています。ちなみに、費用としては骨を削る施術よりも安く抑えられ、10万円以下で行えるのも人気の一つです。